ポイントでお小遣い日記

ポイントサイトでお小遣い獲得できるのか。色々試した日々の検証をお伝えします。

業種

小売業の基本用語ガイド 基本知識 業態業種②

小売業の基本用語ガイド 基本知識
業態類型用語 業種と業態②

1. スーパーセンター
 米ウォルマートが開発したフォーマット。ドラッグストアとスーパーマーケットを
 合体させた形態である。

2. カテゴリーキラー
 1つのカテゴリーにおいて、伝統的なビジネスフォーマットを打ち破ることにより
 革新的に創造していく勢力の事を表す。スポーツ、靴、家電などの分野で、旧来からの
 フォーマットの古い経営体質を革新し、スペース、品揃え、価格や売り方でも新しい
 ビジネスモデルへと作り変えている。

3. 百貨店
 デパートメントストア。あらゆる部門が集められている店舗である。他のフォーマットの
 登場により、専門特化する方向へと進み、近年ではブランドファッションがメインと
 なっている。都心型、生活圏型の2種類あり、都心型の特徴として、来店数が少ない。
 生活圏型はエリアに居住する人の繰り返しの来店により成り立つなどと形態は異なる。

4. スペシャルストア(専門店)
 プレステージストア(特別・贅沢,高級)、デザイナーズストア、ライフスタイルストア 
 などがある。百貨店同様に都心型と生活圏型に別れそれぞれ商品構成が違う。近年では
 ライフスタイルに対し、こだわりを持つ消費者が増え、単なる品種による専門店では
 支持されなくなってきている。ノンフード分野でのカテゴリーキラー化が進んでいる。

5. 家電専門店
 家電分野はカテゴリーキラーの典型である。家電流通はメーカー支配の色合いが強かったが
 近年では小売業が大きな販売力を持ったことにより、低価格指向が強まるなどメーカー
 支配から脱却している。広いスペース、大量の在庫を持ち販売するなど、カテゴリーキラー
 としての活動の結果、消費者視点の価格や品揃えが支持され、メーカーも無視できない存在と
 なった。チェーンストア型とインデペンデント(独立型)の2タイプがある。

6. ホームファッションストア
 ホームソフトライン、キッチン、ダイニング、ベッドルームやバスルーム周辺の商品
 など扱う形態。

7. オフィス用品専門店
 オフィスサプライストア。中小企業や個人事業主のための仕入れの店舗としてから、
 オフィスサプライの需要を取り込み独立したもの。カテゴリーキラーの1つ。

8. アウトレットストア
 メーカーや小売業が過剰在庫や売れ残った商品を処分する店舗である。80年代位までは
 なるべく表に出ないような形で処分をしていたが、各社アウトレットストアが好評であり
 モールも作られるようになった。都心から離れた位置で百貨店や専門店から離れている。

9. オフプライスブランデッドストア
 ブランド品を30%~70%引きなど安く販売することを打ち出している店舗である。B級品
 の他、納品先の事情により引き取れなかった商品などを引き受け安く販売する店舗。

10. フリーザーフードストア
 冷凍食品を中心に販売する小型SMである。生鮮食品も取り扱いがあるが、冷凍食品の割合が
 50%以上超えるためフリーザーフードストアと呼ばれる。

11. リミテッドアソートメントストア
 小型店舗で、一切の装飾もなく、箱積みし商品を安く販売するフォーマットである。

12.スーパレット(小型SM)
 ショートタイムショッピングの高まりと高齢化が進み、大型スーパーやSCに出向けない層が
 増えてきて小型SMの出店を各社強化している。イオングループの「まいばすけっと」など
 がある。

13. 生活協同組合(コープ)
 消費者が出資して、その資金をもとに運営されている協同組合である。生鮮食品から
 家庭雑貨まで配送してくれるサービスがあり高齢者や単身者の支持があるが、多くの企業が
 ネット販売、宅配サービスを拡大しているため、今後の展開が注目されている。



小売業の用語ガイド 業態類型用語 基本知識 業種業態

小売業の基本用語ガイド 基本知識 
業態類型用語 業種と業態
1. 業種
 商品が主語の店舗、商品名が付いている店舗の事である。青果店、精肉店、鮮魚店、書籍店など。
 生産体系の分類で商品を売ることで、常に生産サイドが川上にあって店舗は川下にあり、商品の
 はけ口と位置付けられる。生産がイニシアチブを持つのでプロダクトアウト(会社の方針や
 作りたい、作れる物を基準に商品開発を行う事)の構造である。消費者は商品ごとに売られている
 店舗が異なることから1か所で買い物出来ないから不便である。近年では店舗が業態を進化させて
 フォーマットとしての買い物の場所となっている。業態、フォーマットの登場によって消費者は
 買物がワンストッピングショッピングを可能になり便利になった。

2. 業態とフォーマット(業態類型)
 「業種」と「業態」を比べる言う場合は、「業種」を商品を主語とする店舗するのに対し、
 「業態」は買物を主語に商品の構成を修正した商業形態と考える。
 (例)
 便利さを最大限重要視したコンビニ、食品を最大限重視したスーパーマーケット、住まいを
 重要視したホームセンターなどを「業態」として、それぞれの小売業が消費者の求める買物を
 具現化する中で独自の形態として分化したものを業態の種類として「フォーマット(業種類型)」
 とする考え方。

3. フォーマット
 GMS(総合スーパー)ゼネラルマーチャンダイズストアの事であり、総合小売業の事。元々
 アメリカのGMSは耐久消費財ち衣料品のPBを主体とする業態であった。日本型GMSは、大型店で
 食料品から衣料品、雑貨から耐久消費財まで全て揃えている店舗の事である。買物が全て1か所で
 出来る「買物を主語」とした店舗であったが、買物を全て1か所に纏めることにムリがあり、
 近年は業績低迷している。

4. スーパーマーケット(SM)
 総合食品材料セルフサービス店舗の事である。
 ①食品の買い物をワンストップショッピングできる
 ②セルフサービスの販売方法
 近年では単なる食品材料店舗ではなく、台所代行業としてのソリューション(ホームミール
 リプレースメント)や、オーガニック、ナチュラルストア、グルメSMなどへの特化も進む。

5. スーパースーパーマーケット(SSM)
 70年代のアメリカで生まれた商品購買に共通する買物を総合的に品揃えする大型SMの事である。
 日本でも注目され、十分な敷地を確保できる郊外を拠点とする企業が積極的に取り組んできた。
 課題として、売場の総合化と専門性の強化とのバランス。業態は消費者のニーズにより常に進化
 し続けるが、ニーズはより細分化され特化されていく。1つの店舗で多くのニーズをかなえると
 いう捉え方は、ニーズが細分化して特化されていけば存在意義が減るためである。

6. ファーマシー(調剤薬局)
 薬局、中でも調剤薬局を指すことが多い。SMなどに併設されるケースもある。

7. ドラッグストア
 ファーマシーに買物頻度が共通する雑貨をラインロビングして買物の幅を広げ始まった。

8. スーパードラッグストア
 ドラッグストアは「病気」「衛生」「美容」へ概念を拡大してラインロビングしたものだが、
 スーパードラッグストアは更に「ハウスキーピング」「バラエティグッズ」を取り込んで
 大型化したものである。60年代以降、ディスカウントストアの普及によりバラエティストアが
 衰退したが、その中でスーパードラッグストアのラインロビングが始まった。
 近年、日本では生鮮食品分野まで手を広げるケースも増えコンビニを驚かす存在まで成長している。

9. ホームセンター(HC)
 元々この分野は「業種」的に材木店、セメント店、塗料店などというように分散していたが、
 ワンストップショッピングの為にこれらを集積したものである。日本では、日用品を主力にする
 店舗も多くみられるが、アメリカでは大型の倉庫型HCが殆どで、家を建てる材料や工具を売る
 店舗が主力になっている。

10. 百円ショップ
 ワンプライスストアとして売価を100円均一にしながら、あらゆる分野からの商品を集荷する
 事で存在感を作り出したフォーマットである。低価格で多くの用途及び機能を入手することが
 出来るため、消費者の高い支持を得ている。長引くデフレ状態の日本で大きく成長してきた
 フォーマットだが、インフレになった場合に存在感を維持することが今後のポイントとなる。

11. ディスカウントストア(DS)
 扱い商品は純耐久的なハードラインから衣料品に至るまで及ぶ。日本では「安売りの店=DS」
 と捉えられているが、アメリカではウォルマートがその中心である。日本ではDSの殿堂という
 呼び名でドン・キホーテが有名。17年11月グループ店舗400店舗を達成。

12. コンビニエンスストア(コンビニ)
 元々はアメリカで始まったもので、朝7時から夜11時まで営業しているのが当初の典型的な
 コンセプトであった。当時SMが朝10時から夜7時程度まで営業していたのに対して、その時間
 以外に買物が出来る店舗として生まれた。その後、SMなども24時間営業などが増え、コンビニ 
 も単純に時間的な空白の買物だけではなく、あらゆる便利を集大成したものに変化していった。
 近年では、日本のコンビニは最も優れたフォーマットと言われるまでになっている。

13. メンバーシップホールセールクラブ(MWC)
 78年にアメリカで生まれたフォーマットである。ビジネスを営む経営者、商店経営者、飲食店
 経営者などを対象に会員制で始めた卸売りクラブ。あまりに安かったため一般消費者もメンバー
 について行くようになり、一般消費者も購入できるようになった。倉庫でパレット積みのまま
 販売するなど、売場と倉庫を一体化したフォーマットはDSビジネスの究極の業態と見られている。
 










ギャラリー
  • ポイントサイト クリックだけで
  • ポイントサイト クリックだけで
  • ポイント 本日のお勧めは
  • ポイントサイトのCMクジが面白い
  • ポイントサイトのCMクジが面白い
  • モッピー お勧め
  • モッピー お勧め
  • モッピー お勧め
  • ニュースサイトが面白い
プロフィール

sakaemhk

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン モッピー!お金がたまるポイントサイト
スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ