小売業の基本用語ガイド 基本知識
商品知識 マーチャンダイジング 商品用語

1. 定番商品
 売場の中心、核となる商品である。流行に左右されずに安定した需要を持つ商品。
 フェースの管理と追加注文により安定した需要が見込める。また、値下げ処分や
 欠品による機会損失も少なく安定した利益も見込める商品である。

2. スポット商品
 定番商品とは違い期間限定・数量限定で販売される商品のこと。基本的に追加発注が
 されない商品である。

3. ナショナルブランド商品 NB商品
 有名メーカーが全国統一ブランド名で販売する知名度の高いメーカーブランドを言う。
 NB商品と呼ばれる。メーカーの宣伝力と、販売促進力を生かし消費者の信用、安心を
 得た商品である。特売価格で販売すると集客、売上が見込める商品であるが、特売が
 多用されると利益率が低下する。

4. プライベートブランド商品 PB商品
 小売業者や卸売業者が自社の名前で企画販売する商品を言う。商品の企画、開発は
 小売業者などが行い、メーカーは製造のみを担当することが多い。他社との差別化を
 行いやすく、イメージアップにも繋がる。宣伝費などの経費削減効果もあり、
 利益率も高くメリットも高く各社がPB開発に取組んでいる。
 ①独自規格の開発でコストの安い商品つくりができる。
 ②独自商品のため、競合各社との価格差を気にしないで済む。
 ③競合他社とは違った独自性を作り出せるため差別化などのメリットが多い。

5. プロパー商品
 価格を下げていない、定価販売されている商品を言う。
 年間定番、季節の定番がある。

6. コモディティ商品
 日用品、必需品など他社との差別化を図れなくなり市場が成熟化している商品である。
 価格が購入の決め手の一つとなるので価格以外の部分、見せ方、陳列方法の工夫などが
 大切である。

7. 3つの価値 コスト、使用、交換
 コスト価値とは、商品作りのコスト分の価値があるという事。
 使用価値とは、使用する、消費することにより得られる効用の価値があるという事。
 交換価値とは、使用価値を前提とし、商品代金の分だけの価値があるという事。
 という考え方の事。

8. 機能 効用
 機能とは、バッグでは荷物を収納する、纏めて持ちやすくするなどの直接的な役割の他、
 ファッションとしてのコーディネイトの2次的な役割、ステータスとし自らの
 価値を高めるという道具としての機能と離れた3次元的な役割もある。
 効用とは、購入した消費者が得られる満足度合の事である。消費者は機能に対して 
 商品代価を支払い、効用を得る。

9. チラシ掲載商品
 集客、告知などのためなど、目的に応じ、特売商品や新製品、季節商品や話題の
 商品を掲載する。新商品やイメージ作りのためにPB商品なども掲載される。

10. 特売商品
 消費者の購買意欲を高めるための低価格訴求商品の事である。衝動買いによる
 買上点数アップや満足度を上げるために設定される。
 チラシ掲載商品、常時の特売商品、スポット的な特売商品がある。