マネジメントってなんだろう マネジメントの知識

マネジメントやPDCA、組織つくりはどうしたらなど強いチーム作りのためのマネジメントやPDCA基本知識を忘備録とし、アウトプットするブログです。

小売業の基本用語ガイド 基本知識 商品価格

小売業の基本用語ガイド 基本知識
商品知識 商品価格用語

1. 品種
 牛乳、野菜、Yシャツなど商品の分類を表す単位である。

2. 品目
 類似商品ではなく、同一品目の分類でサイズ、色は違っていても同じ素材、スタイル
 であれば同一品目となる。お客様の視点で、これ以上細かく細分化する必要のない
 商品管理する上での最小単位である。

3. 買い回り品
 購買頻度が低く、価格は比較的に高い商品である。品質、価格、スタイル、ブランド、
 価格を比較する時間(幾つかの店舗を比較)をかけて検討するタイプの商品の事。
 好みが重要な要素になる場合が多い。

4. 最寄り品 
 買い回り品とは逆に、タバコやティッシュなど購買頻度が高く、わざわざ他の店舗に
 足を運ばずに近くの店舗で購入する、時間をかけない、労力を使わないで購入される
 日常用品である。価格は通常的に安い物が多い。

5. ニーズ商品、ウォンツ商品
 ウォンツ商品とは、既に市場に存在する売れ筋商品であるが、無くても大丈夫だが、
 有ればより便利である、楽しいと思える商品の事。ニーズ商品とは、必要、欲しいと
 思っているが、まだ市場に存在していない商品を意味する。

 ニーズとウォンツの関係性に注意が必要。
 ニーズ=どうしても欲しい物、必要性 喉を潤す、お腹が空いた何か食べたい。
 ウォンツ=ニーズを満たすための欲求 水が欲しい、〇〇を使った〇〇を楽しめる
 ウォンツを満たすには、美味しい〇〇のお食事はいかかでしょうか?
 一時的にウォンツを満たしてもまた、欲しくなる。ウォンツに訴えることが重要。

6. 主力商品 
 企業が最も力を注いでいる商品であり、最も売れる商品の事である。魅力や強みは
 何か、他社と比較し違いや特徴は?、ポジショニングや優位性を知ることが重要で
 お客様の来店動機となるからである。ただ単にその店舗で売れているという商品では
 ない。

7. ベーシック商品
 生活必需品の中で、常に必要とされる生活に密着した商品の事である。その中でも
 多種多様の商品があり自社の中での業態及び商品政策によって売価政策など、他社との
 差別化計画がとられる。

8. 核売場 核商品
 競合する店舗間の競争で武器となりえる集客力のある売り場を言う。ポピュラープライスで
 日常生活に直結する商品であり便利に楽しくそろっている事。核商品は店舗の対象とする
 顧客と用途において、ポピュラープライスで日常生活に直結する購買頻度の高い商品で、
 一部の店舗だけで扱うのではなく、自社の全店舗で扱う商品でなければならない。


9. ステープルアイテム
 日常生活に欠かせない必需品であり、ほとんどの家庭で日常的に消費されているものを
 指す。安定した需要があり、13週間以上売り続ける商品の事である。長い期間安定した
 需要が見込める商品だが定期的な見直しも必要である。

10. シーゾナブルアイテム
 ステープルアイテムではない短期間だけ取り扱う必需品である。季節限定品として
 取扱い(2~6週間程度、ある時期には一定の需要があるが、その期間を除くと需要が少ない)
 短期間に集中して取扱うことにより、品揃えも一気に拡大することで圧倒的な販売量を
 確保する。

11. シーゾナルアイテム
 ステープルアイテムよりサイクルの短い必需品の季節商品である。お盆や正月など祝祭日に
 取り扱うなどの短期の季節のニーズに合わせ必ず取り扱う商品。ステープルアイテムより
 取扱期間が短い。

12. 品質
 消費者、使う立場側からの機能や性能が適切だとされる評価であり、消費者、使用者の
 使用目的によって適正かどうかは変化する。また、全ての消費者に合う品質というものはなく、
 それぞれの使用目的などにより適正な品質は変わるため、自社のメインターゲットとなる顧客に
 対しての日常生活に合わせた商品、適正品質を目指していく必要がある。
 


 
 
 


小売業の基本用語ガイド 基本地市区 商品知識 マーチャンダイジング MD

小売業の基本用語ガイド 基本知識
商品知識 マーチャンダイジング 商品用語

1. 定番商品
 売場の中心、核となる商品である。流行に左右されずに安定した需要を持つ商品。
 フェースの管理と追加注文により安定した需要が見込める。また、値下げ処分や
 欠品による機会損失も少なく安定した利益も見込める商品である。

2. スポット商品
 定番商品とは違い期間限定・数量限定で販売される商品のこと。基本的に追加発注が
 されない商品である。

3. ナショナルブランド商品 NB商品
 有名メーカーが全国統一ブランド名で販売する知名度の高いメーカーブランドを言う。
 NB商品と呼ばれる。メーカーの宣伝力と、販売促進力を生かし消費者の信用、安心を
 得た商品である。特売価格で販売すると集客、売上が見込める商品であるが、特売が
 多用されると利益率が低下する。

4. プライベートブランド商品 PB商品
 小売業者や卸売業者が自社の名前で企画販売する商品を言う。商品の企画、開発は
 小売業者などが行い、メーカーは製造のみを担当することが多い。他社との差別化を
 行いやすく、イメージアップにも繋がる。宣伝費などの経費削減効果もあり、
 利益率も高くメリットも高く各社がPB開発に取組んでいる。
 ①独自規格の開発でコストの安い商品つくりができる。
 ②独自商品のため、競合各社との価格差を気にしないで済む。
 ③競合他社とは違った独自性を作り出せるため差別化などのメリットが多い。

5. プロパー商品
 価格を下げていない、定価販売されている商品を言う。
 年間定番、季節の定番がある。

6. コモディティ商品
 日用品、必需品など他社との差別化を図れなくなり市場が成熟化している商品である。
 価格が購入の決め手の一つとなるので価格以外の部分、見せ方、陳列方法の工夫などが
 大切である。

7. 3つの価値 コスト、使用、交換
 コスト価値とは、商品作りのコスト分の価値があるという事。
 使用価値とは、使用する、消費することにより得られる効用の価値があるという事。
 交換価値とは、使用価値を前提とし、商品代金の分だけの価値があるという事。
 という考え方の事。

8. 機能 効用
 機能とは、バッグでは荷物を収納する、纏めて持ちやすくするなどの直接的な役割の他、
 ファッションとしてのコーディネイトの2次的な役割、ステータスとし自らの
 価値を高めるという道具としての機能と離れた3次元的な役割もある。
 効用とは、購入した消費者が得られる満足度合の事である。消費者は機能に対して 
 商品代価を支払い、効用を得る。

9. チラシ掲載商品
 集客、告知などのためなど、目的に応じ、特売商品や新製品、季節商品や話題の
 商品を掲載する。新商品やイメージ作りのためにPB商品なども掲載される。

10. 特売商品
 消費者の購買意欲を高めるための低価格訴求商品の事である。衝動買いによる
 買上点数アップや満足度を上げるために設定される。
 チラシ掲載商品、常時の特売商品、スポット的な特売商品がある。



 
 

小売業の基本用語ガイド 基本知識 商品知識 マーチャンダイジング MD

小売業の基本用語ガイド 基本知識
商品知識 マーチャンダイジング MD用語②

1.ABC分析
 管理するグループをA、B、Cの3グループに分け、それぞれの特性に対応した管理方式を
 重点的に実施するための前提となる分析方法。一般的に売上高に占める割合が70%までの
 商品をA、70%~90%をB、90%~100%をCとしてランク付けし、売上への貢献度が高い
 A商品に重点点的に取り組むべき、C商品は入れ替えの対象となるなどと分析する手法である。
 在庫管理ほかそれぞれの特性に対応した管理方式として使える。小売業では20%のアイテムが
 80%の売上を作る、20:80の法則として説明されることが多い。

2. パレート分析
 構成要素を大きい順番に並べた棒グラフと、それらの累積量を示す折れ線グラフとを組合せる
 ことで、上位の一部の要素が全体にどの位の貢献をしているのかを測る分析方法である。
 重要なもの、重視すべき事、または、改善すべきものを把握する判断基準の素となる。

3. ロングテールの法則
 インターネットを用いた物販販売の手法や概念の一つで販売機会が少ない商品でもアイテムを
 増やすことにより総体的な売上を大きくする現象の事である。実店舗の20:80の法則とは異なり
 A商品よりC以下の商品売上合計がA商品の売上を上回る現象の事。

4. 相乗積(粗利ミックス)
 それぞれの商品の粗利益高の割合と売上高に対する割合、「粗利益率×売上構成比」の事。
 
(例)A、B、Cそれぞれの商品の粗利益率を40%、30%、10%とし、売上に対する構成比を
   それぞれ30%、30%、40%とすると
   粗利益率×売上構成比=相乗積
   A=40%×30%=12%
   B=30%×30%=9%
   C=10%×40%=4%
           で合計25%が相乗積の合計となる。

   全体の粗利益率を上げるにはそれぞれの粗利益率を向上させるか、粗利益率の高い商品の
   構成比を上げれば良い。


          粗利益率の高いAの商品の売り上げ構成比を40%に上げ、低いCを30%に下げると
   A=40%×40%=16%
   B=30%×30%= 9%
   C=10%×30%= 3%
   となり相乗積合計は28%となり+3%となる。

   相乗積が高くても粗利益率が低く、売上高構成比が高い場合があるために、粗利益率、
   売上構成比の両面から商品の方向付けや、扱い方法を決定することが重要である。

5. プライスライン(価格)プライスゾーン(価格帯)
 プライスラインとはそれぞれの商品の価格そのものを言い、プライスゾーンとは
 3900円~7900円といった価格帯を言う。
 同一品種においてプライスラインが少なすぎると商品グレードが限られて選択肢が狭まる
 など弊害も生まれる。プライスラインが少ない場合には商品の種類を増やし、同一品種で
 品揃えを広げるためにはゾーンを広げてプライスラインを増やして、商品のバリエーション
 を増やす。

 ターゲットを絞る=プライスゾーンの幅を狭める。
 ターゲットを広げる=プライスゾーンの幅を広げる。

6. ポピュラープライス
 大多数の消費者がその価格なら購入しても良いと判断する価格。消費者が要求する条件と
 度合により(使用の目的、場面、使用方法、用途、機能、品質)購入してもよいと判断
 される価格のことである。

7. 値頃
 商品の価値に相応する値段と思う価格。購買目的や使用条件などを考え、用途、機能、
 機能、品質などと照らし合わせ、妥当と判断する価格。





   
 
ギャラリー
プロフィール

sakaemhk

月別アーカイブ
アーカイブ
スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ